2021.3.26
シンジケーション方式によるコミットメントライン契約締結に関するお知らせ

2021年3月26日

各位

東京都港区六本木一丁目6番1号
SBIリーシングサービス株式会社
代表取締役執行役員社長 久保田 光男

 
 

シンジケーション方式によるコミットメントライン契約締結に関するお知らせ

 
 
 SBIリーシングサービス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役執行役員社長:久保田 光男、以下「当社」といいます。)は、株式会社横浜銀行(本社:神奈川県横浜市、代表取締役頭取:大矢 恭好、以下「横浜銀行」)をアレンジャー兼エージェントとして、総額44.5億円のシンジケーション方式無担保コミットメントライン契約を締結いたしましたのでお知らせいたします。
 
 当社は、昨年12月4日のプレスリリースでお知らせの通り、世界最大手のエアラインである「米デルタ航空」との航空機リース契約を締結するとともに、同リース事業を対象とした組合出資案件の組成・募集を開始するなど、航空機を対象としたオペレーティングリース事業の拡大を図っております。
 本コミットメントライン契約は、その一部を今後当社が新たに組成する組合出資案件に向けた米デルタ航空向けリース契約付き航空機の取得に利用することができ、当社が機動的に航空機を取得することで、航空機投資に関心のある投資家向けにより多くの投資機会を提供することが可能となります。
 なお、複数行が参加するシンジケーション方式でのコミットメントライン契約の締結は当社にとっては初めてとなります。
 
 また、本件のアレンジャー兼エージェントである横浜銀行等とは、当社が組成するオペレーティングリース商品のご購入を検討される投資家をご紹介いただく顧客紹介契約を締結しており、本件により案件組成段階から資金面での協業を行うことにより、これまで以上に投資家のニーズのくみ上げが期待できるものと考えております。
 
 当社は、今後も地域金融機関との協業を通し、オペレーティングリース事業の拡大を目指していくとともに、SBIグループの掲げる「顧客中心主義」に基づき、お客さまの利益を第一に考え、積極的に新しい金融スキームの構築に取り組んでまいります。
 
【契約の概要】
・総額:44.5億円
・期間:2022年3月31日まで
・アレンジャー兼エージェント:横浜銀行
・参加行:5行
 
 
SBIリーシングサービス株式会社
■第二種金融商品取引業者
登録番号:関東財務局長(金商)第3016号
加入協会:一般社団法人第二種金融商品取引業協会
■貸金業者
登録番号:東京都知事(1)第31678号

以上

 


印刷時には、PDFデータをご利用ください。

本件に関するお問い合わせ先
SBIリーシングサービス株式会社 経営企画部 03-6229-1080