事業内容

事業内容

SBIリーシングサービス株式会社は、SBIグループの掲げる 「顧客中心主義」のもと、より良質で、よりお客さまの役に立つ、主にリース事業に対する投資商品を組成するために設立された会社です。

SBIグループでは、これまで設備投資ニーズのある海運会社にかわって、多額の資金を要する船舶を購入し、これを海運会社にリースすることで海運会社の資金調達を助けるとともに、リースによって得られる利益等の分配を希望する投資家を対象にファンドを組成、投資商品として提供してまいりました。

当社では、引き続き船舶や航空機などの資産を対象に、投資家の皆さまにさまざまな魅力あるリース事業への投資機会を提供するとともに、設備投資ニーズを有する海運会社や航空会社にリースを活用した競争力のある資金調達手段を提供することで、投資家と設備投資ニーズを有する企業の橋渡しを行う“リーシングサービス”事業の拡大に取り組んでまいります。

ファンド型オペレーティングリース事業

本事業では、当社子会社が、匿名組合契約を通じた投資家の皆さまからの出資金と金融機関からの借入金により調達した資金で、船舶、航空機などの大型の償却資産を購入し、海運会社や航空会社などの賃借人にオペレーティングリース形式で賃貸する事業を行います。リース満了時には、リース物件を市場で売却する等により、キャピタルゲインの獲得を目指します。

ファンド型オペレーティングリース事業
ファンド型オペレーティングリース事業ファンド型オペレーティングリース事業

このページのトップに戻る

直接保有型オペレーティングリース事業

本事業では、運航会社などの賃借人にオペレーティングリース形式で賃貸する小型航空機やヘリコプターなどの償却資産を、投資家の皆さまに、当社がご紹介いたします。投資家の皆さまは、リース期間中のリース料収入によるインカムゲイン、リース満了時のリース物件売却等によるキャピタルゲインを追求いただきます。

直接保有型オペレーティングリース事業
直接保有型オペレーティングリース事業直接保有型オペレーティングリース事業

このページのトップに戻る